からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

腰痛の原因は何?女性に多い理由を調査!

   


いつも腰痛があると、日常生活も制限があり辛いものがありますよね。 私も昔スポーツをしていたこともあり、その時からの腰痛が今も続いています。

私の周りにも腰が痛いという人は多く、逆に腰が痛くないという人はほとんど見かけたことがない気がします。 しかも女性に特に多いですね。

今日はそんな腰痛の原因を調べてみました 女性に多い理由をご紹介しますので、ぜひ見てみてください。

腰痛の種類は?

sozai_29368

腰痛といっても多くの種類があります。

腰痛の原因がはっきりしているものは実はあまりなく、8割以上は原因がよくわかっていない場合が多いのです。それだけ、腰痛はまだまだ解明されていないのですね。

しかし世界各国で腰痛を訴える人は多く、日本でも10人中8人は腰痛があるというくらい腰痛に悩む人はたくさんいます。

腰痛の種類は、

  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 骨粗しょう症
  • 腰椎分離・すべり症
  • 心因性腰痛

などなど。ぎっくり腰やヘルニアなどは比較的よく聞く身近な腰痛ではないでしょうか。この他にも腫瘍が元となるものや、感染によって引き起こされる腰痛もあります。

腰痛の原因

腰痛の原因について見ていきましょう。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は、突然やってくる「グギッ」という腰への激しい痛みです。よく重いものを持ち上げようとして痛みが発生しますね。

これは、突然腰に負荷をかけることで、腰にある腰椎がずれて筋肉が炎症してしまうためです。これは腰の捻挫状態。ぎっくり腰は病院で診てもらってもどこも異常が見られないことが多く、2日~1週間ほど安静にすれば痛みは治まります。

椎間板ヘルニア

スポーツをする人や高齢者に多い腰痛です。背骨の外部からの衝撃を抑えるクッションの役割をする椎間板。 この椎間板の中身(ゼリー状の髄核)が、なんらかの理由で飛び出し神経を圧迫して痛みを発生させています。 痛みは人により様々ですが、ひどい場合は手術で治すこともあります。

骨粗しょう症

骨の密度が減って骨が弱くなると、ちょっとした振動や衝撃でもすぐに骨折しやすくなります。 少しかがんだだけでも、くしゃみをしただけでも腰に小さな骨折が起こり、痛みを引き起こすのです。加齢、運動不足やカルシウム不足の他、女性ホルモンの低下によっても骨粗しょう症になり、よこしに負担がかかりやすくなります。

腰椎分離・すべり症

スポーツや急な動きで腰の一部が割れて分離し、痛みが出ることです。また、その分離した腰椎が前側にすべってずれた状態がすべり症です。 鈍い痛みや腰のだるさが特徴で、手術によって分離したものをつなげる方法があります。

心因性腰痛

これは、腰には特に異常はないのですが、脳に異常があるとされています。怒りや不安といったストレスが強いほど腰痛がひどくなると言われています。

腰痛が女性に多い理由は?

1436636581s6w3d

女性の場合は、ちょうど腰の部分に子宮があります。ですから、子宮に何か異常がある場合は腰が痛むことがあるのです。

子宮周辺の病気としては、

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣のう腫

などが考えられます。生理痛がいつもよりひどい、激しい腰痛で立っていられないといった症状がある場合はこうした病気が考えられますので、単なる腰痛と考えずに病院でしっかりと診てもらうようにしましょう。

また、生理前後や排卵期、妊娠中には女性ホルモンが急激に変化し、腰痛を引き起こしやすくなります。

最後に

腰痛の原因についてお伝えしました。

女性の場合は病気だけでなく、ホルモンバランスの関係から、どうしても腰痛になりやすいです。さらにホルモンバランスが崩れるとストレスとも関係してきますから、心因性腰痛にもつながってしまいます。女性の身体に腰痛は切っても切り離せないものなんですね。

しかしそうしたものが原因である場合は、生活習慣やちょっとした工夫でしっかり改善できますから、諦めずに対処していくことが大切です!

 - 頭痛・肩こり・腰痛・首痛