からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

ダブルガーゼ生地とは?特徴やふんどし、下着に最適な理由

   


ダイダイで取り扱っているふんどしにはダブルガーゼ素材のものが数多くあります。

ダブルガーゼといえば、下着や肌着、ハンカチなど直接肌に触れるものに多くあるような気がしませんか?

今日は、そんなダブルガーゼにスポットライトを当ててみたいと思います。

ダブルガーゼの生地とは一体何なのか、特徴や下着、肌着に最適な理由に迫っていきますね!

ダブルガーゼ生地とは?

file9371257893166

ダブルガーゼのガーゼとは、「細い木綿糸(コットン)を漂白して目の粗い平織りにした柔かい布」のこと。

ガーゼは元々はドイツの言葉が由来なんだそうですよ。

また、日本では別名「綿紗(めんしゃ)」とも呼ばれるそうです。私は初めて聞きました。。

ガーゼは医療の場で多く使用されるもので、消毒や傷の手当などに昔から使われてきました。

皆さんも一度は見かけたことがあるはず。保健室や救急箱には必ずあるあの白い目の粗い布のことです。

ダブルガーゼとはその名のとおり、薄い一枚のガーゼが二枚重なっているもの。

一枚のガーゼよりも生地がしっかりして保温性がある優れものです。

ちなみに、さらに枚数の多い三重になったトリプルガーゼもあります。こちらはさらに丈夫に、ふんわりあったかな素材です。

ダブルガーゼの特徴・ふんどしに最適な理由とは?

ダブルガーゼの元となっているガーゼの特徴といえば、通気性の良さ。

目が粗いので、サラッとした肌触りです。さらに柔らかくて軽い素材は、デリケートな肌にぴったり。

怪我の手当として使われたり、下着や肌着、マスクやハンカチなどの直接肌に触れるものに多く使われています。

そんなガーゼが2枚重なったダブルガーゼの特徴は、以下のとおり。

  • ガーゼよりも生地がしっかりして丈夫である
  • 生地が厚くあたたかい
  • ふわふわと柔らかく肌触りが良い
  • 通気性があり清潔に保てる

下着、肌着といった直接肌に触れるものを始め、シーツやパジャマ、スタイなどの衣類や寝具に幅広く活用できます。

このような素材なので、インナーに最適なんですね。

当店でご紹介しているふんどしにもダブルガーゼ素材が多くあります。

柔らかくて軽いので履き心地が抜群。履いている感がしないくらいの軽やかさなんです。

多くが綿100%のダブルガーゼなので、肌の弱い人にも強くおすすめしたい下着です。

img_0849

Light work∞ ふんどしパンツ(ダブルガーゼ) ピンクストライプリボン

 

最後に

ダブルガーゼの生地について詳しく見ていきました。

長時間着用する下着や肌着は、肌への負担が少ない優しいものがいいですよね。

上記でご紹介した以外にも、ダイダイではダブルガーゼ素材のふんどしを掲載していますので、良かったらチェックしてみて下さい。

ふんどしパンツのお店ダイダイ

 - ふんどし