からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

梅雨時の体調不良・・・自律神経が原因?

   


梅雨まっただ中。イマイチ体調が優れないという方も多いと思います。

頭痛が続いたり、体が疲れやすくだるさが抜けなかったり、やる気が出なかったり・・・。

梅雨時に起こる体調不良は、自律神経が原因とも言われています。今日は梅雨と自律神経の関係を詳しく見ていきましょう。

梅雨時の体調不良は自律神経が原因?

1401134158smj3p

梅雨時に起こることは、気圧や気温の大きな変化です。

梅雨の時期は雨が降ったと思ったら、急に日が差して晴れ渡ったり。そうすると気圧の変化も激しくなります。また、雨のときは肌寒いくらいなのに、晴れると一気に蒸し暑くなりますよね。

こうなると、私たちの身体はそうした変化についていかなければいけません。

そのような変化についていくためには、自律神経のコントロールが必要です。

気圧が変化すると、血管の収縮を行ったり、内臓や筋肉の動きを変化させます。

また、気温が変化すると、汗をかいたり身体を震わせるといった体温調節の働きも自律神経の役割。

このように日々働いている自律神経ですが、梅雨になると気圧や気温の変化についていくため、この仕事が忙しくなります。

体の働きが変化しやすくなるとどうしても、頭痛やめまい、むくみといった体調不良になりやすくなってしまうのです。

梅雨時の体調不良を緩和する方法

このように、梅雨時はどうしても体調不良を起こしがち。

誰にでも起こりうることなんですね。体は一生懸命働いているのです。

ですから、体調が優れないことを悪く思うだけではなく、そんなときこそ身体を労わってあげることが大事です。

頭痛やめまい、吐き気などの他にも、気分が優れない、やる気が出ないといった気分的な不調もあると思います。

これも梅雨の変化のせいなので、深く考えず、やりたくない時には無理にやる気を起こしたりせず、しっかりと休息を取って身体を休めてあげましょう。

また、栄養バランスの摂れた食事をすることも大切です。

糖分の多いお菓子やスナック、油分たっぷりの揚げ物や塩分の強いものはなるべく避け、野菜や柑橘系の果物をたくさん摂ることをおすすめします。

入浴も非常に有効です。しっかりと湯船に浸かり、体をリラックスして温めてあげましょう。

最後に

梅雨時の体調不良と自律神経の関係、体調不良の対処法についてお伝えしました。

梅雨時期の体調不良がこじれると、楽しい夏が過ごせなくなってしまいますので、この時期はいつもより生活に気を付け、ストレスを溜めないようゆっくりと過ごすことを心がけてみて下さいね。

 - その他からだの不調