からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

生理痛を緩和させる方法をご紹介!即効性のある対処法とは?

   


毎月訪れる辛い辛い生理痛。 生理の間はどうしてもブルーになってしまう方も多いと思います。

ひどい時にはあまりの痛さに丸一日、いや2,3日寝込まなくてはいけないなんてこともあるのではないでしょうか?

これだけ痛くても周りの人には理解されないことも多く、本当に辛いですよね。 なんとか生理痛を軽減して生理中も快適に過ごせるようになりたいものです。

今回は、生理痛を軽減させる方法をご紹介します。即効性のある対処法をチェックしていきましょう!

生理痛の原因は何?

13829744482f96a

生理痛の原因はいくつかあります。

まず、プロスタグランジンというホルモンの分泌量が多いことで、痛みを誘発させているというもの。このプロスタグランジンは、子宮を収縮させることで子宮内膜にある経血をスムーズに流し出す働きをしています。

これは陣痛促進剤としても使われているものですので、生理の際には必要な働きをするのですが、分泌量が多くなると痛みを伴いやすくなるのです。

この他、子宮や卵巣の機能が未発達のために痛みを感じやすかったり、ストレスや冷えがあり、血行の悪さやホルモンバランスの崩れなどから起こることもあります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さいね。→ 生理痛が酷い原因

生理痛を緩和させる方法

それでは生理痛を緩和させる方法をご紹介します。生理痛になった時にすぐ試せる、即効性のあるものを集めました。

1.温める

生理痛になったらまず行っていただきたいのが、温めること。私自信も、動けないほどの生理痛になる時には必ず温めるようにしています。唸りながらカイロや湯たんぽの準備をしています(笑)(痛くなる前に早めの準備をおすすめします)

温める場所は、おへその周辺や仙骨部分。ここをカイロ又は湯たんぽで温めることで、生理痛が和らいできます。仙骨は図のようにお尻のすぐ上の部分になります。お腹の前と後ろ両方から温めていくとより効果的。

sozai_329452

また、生理痛が酷い時は全体的に身体が冷えていますので、横になって布団や毛布にくるまっておきましょう。

2.衣類の締め付けを緩める

お腹周りだけでなく、鼠蹊部(両足の付け根)の締め付けは生理痛を悪化させます。それは、締め付けがあることで血流の流れが悪くなってしまうから。ウェストのベルトやボタンは外し、きつい下着は脱ぐことをおすすめします。

またブラジャーも胃の部分を締め付けて気分が悪くなる可能性がありますから、可能であれば外した方がいいでしょう。

なるべくゆるい服装で、身体を解放してあげることが大切です。

3.生理痛を軽くするツボ

ツボを刺激することも生理痛の軽減にはおすすめ。冷えを取り除いて生理による痛みを和らげるツボをご紹介します。

【蠡溝(れいこう)】

足のふくらはぎの際にあるツボです。

内側にあるくるぶしの骨から指5本上にいったところ。下半身の血の巡りが良くなり、生理痛に効きます。生理痛の他、膀胱炎や腰痛、イライラなどにも効果があると言われています。 できればここにお灸をすると効果も早いですよ。

最後に

生理痛を緩和させる方法について見ていきました。

生理痛の原因は様々ですので、痛みの強さや対処法も人によって違ってきます。原因がわからず、我慢できないほどの痛みがある場合は放っておかず、お医者さんに一度見てもらった方がいいでしょう。

その上で、自分に合った対処法を探してみて下さいね。

 - 生理・婦人科系・布ナプキン