からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

生理痛が酷い原因は何?

   


気を失うような激しい腹痛。下腹部痛だけでなく、吐き気やひどい頭痛、下痢や腰痛など、生理の時の痛みは耐えがたいものがありますね。

生理が始まると仕事や日常生活がまともにできなかったり、鎮痛薬が手放せない方もいらっしゃると思います。 そうなると、毎月の生理が本当に憂鬱ですよね。 なんでこんなに生理の痛みがあるんでしょうか?

今日は、生理痛が酷い原因を確認していこうと思います。ホルモンバランスや生活習慣以外にも病気が隠されている場合がありますのでしっかりチェックしていきましょう。

生理痛が酷い=月経困難症

生理痛が激しく起き上がれない、仕事や学校を休まなければいけないなど、寝ていなければいけないほどの場合「月経困難症」といいます。 多くは生理が始まった初日~2日目くらいまでに症状がひどく表れ、下腹部痛、腰痛、下痢や嘔吐、発熱など起き上がれないほどの痛みや不快感があります。

sozai_43740

生理痛が酷い原因

生理痛がひどい原因はいくつか考えられます。それぞれ見ていきましょう。

ホルモン物質「プロスタグランジン」の分泌量が多い

「プロスタグランジン」とは、血圧低下作用、筋肉の収縮作用、黄体退行作用、血管拡張作用などを行うホルモン物質のことです。

このプロスタグランジンは、生理周期にとってもとても重要な役割があり、子宮を収縮し、経血を子宮内から体外へ出す仕事をしています。生理の時には欠かせないホルモンなんですね。

しかし、このプロスタグランジンが多く分泌されてしまうと、子宮の収縮が過剰となり、これに伴う腹痛や腰痛、頭痛や吐き気の原因となってしまいます。

子宮口がせまい、子宮機能が未成熟

子宮口がせまかったり、子宮や卵巣機能が未成熟なために、経血が外へ出る際に痛みを感じやすくなります。出産経験のない方や比較的若い女性に多くみられます。

冷えやストレスがある

冷えによって子宮の血行が悪くなり、子宮の機能が悪くなって経血が上手く外へ出られなくなると、上記の「プロスタグランジン」が多く働き始めます。そうすると生理痛の痛みがひどくなってしまいます。

また、ストレスが溜まっていると、自律神経やホルモンの働きが悪くなり、正常に働かなくなることで生理痛が発生しやすくなります。

子宮周辺機能の病気

生理痛があまりにも酷いという場合、子宮筋腫や子宮内膜症、クラミジアといった病気が隠されていることもあります。その場合は、ひどい下腹部痛に加え、レバー状の経血が出たり、発熱や下痢、嘔吐などの症状があります。あまりにもひどい痛みがある場合は、必ず専門医に診てもらうようにしましょう。

最後に

ひどい生理痛の原因についてご紹介しました。

毎回あまりにもひどく、薬が手放せない場合や寝ていなければいけないような場合は、我慢せずにお医者さんに診てもらうことが一番です。

また、冷えやストレスといった原因も考えられますので、心当たりがある場合は生活習慣を見直して改善する工夫も大切になってきます。

 - 生理・婦人科系・布ナプキン