からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

生理前の眠気がひどい!異常に眠い正体と対処法

   


生理前になるとやたら眠い! 多くの女性の悩みだと思います。

あまりにも眠くて仕事が全然はかどらなかったり、つい居眠りしてしまったりして生活に支障が出て困ってしまいますよね。

前日しっかり寝たはずなのにおかしいな~と不思議に思いませんか?

生理前に眠気がひどいのはきちんとした原因があります。 今日は生理前の眠気の正体とその対処法をお伝えしていきます。

生理前に眠気がひどい原因は?

sozai_27304

生理前になるとやたら眠気がひどくなる正体は、女性ホルモン。 生理を引き起こしたり妊娠、出産に大切な物質です。

この女性ホルモンの中で、生理前に分泌の量が増えるのが、黄体ホルモン(プロゲステロン)

この黄体ホルモンの働きのひとつが、眠気を強く起こすこと。これは睡眠薬に使われるものと同じくらいの効果があるほどです。

また、黄体ホルモンの働きには体温を上げるというものもあります。 これがまた昼間の異常な眠気に拍車をかけるのです。

私たちは、朝から夕方体温が上がり、夜になるにつれて体温は下がり始めます。そしてある体温になると眠くなるというサイクルで回っています。

それが生理前になり黄体ホルモンが増えることで、体温がいつもより高く、夜寝る時間になっても中々寝付けなかったり眠りが浅くなってしまいます。結果、昼間に寝不足状態になり眠気が強くなってしまうのです。

眠気を強く引き起こす作用がある上、いつもより寝不足になってしまうと、異常に眠気が襲うのも納得がいきますね。

異常な眠さの対処法

1378351008lx487

ハーブティーを飲んでみる

眠気を抑えるにはカフェインを摂りたいところですが、コーヒーや緑茶は身体を冷やすのであまりおすすめできません。そこでおすすめしたいのがハーブティー。生理前の眠気にいいのが、ペパーミントやレモングラス。これらを飲むことですっきり爽快感によって眠気が飛びます。ぜひホットでお飲みください。

散歩に出かける

眠くて眠くて仕方がないときは、身体を動かしてリフレッシュしましょう。激しい動きをする必要はありません。ちょっとコンビニまで歩いみたり、社内をぐるっと回ってみるだけでもスッキリするはずです。足を動かして下半身の血行がよくなれば体温も上がり眠気も冷めるでしょう。

思い切って昼寝する

眠くて仕方ないときは思い切って昼寝することもいいことです。最近は昼寝を推奨している方も多いですね。昼寝はやり方が大事です。間違えると逆効果なこともあるので、計画的に昼寝を取り入れましょう。

昼寝の時間は15分~20分までにしましょう。そうしないと、深い眠りに入ってしまって起きにくくなったりだるさが残ってしまいます。

さらに寝るときは、ベッドやソファに横になることは避け、椅子に座ったままにしましょう。周りの音が聞こえないよう耳栓をすることもおすすめです。

このように工夫しながら短時間の昼寝を取り入れることで、眠気がすっきりとなくなり、快適に過ごすことが出来るはずです。

最後に

生理前の異常な眠気の正体と対処法をご紹介しました。

眠気の元となっているホルモンのバランスを整えることも予防として重要です。食事や生活リズム、ストレスとも深く関係しているので、異常な眠気がある場合は生活習慣を見直してみるようにしましょう。

 - 生理・婦人科系・布ナプキン