からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

温活とは?冷え性さんに効く方法をご紹介!

      2016/06/16


就活、婚活、朝活などなど、○○活ということばは最近本当にたくさんありますね。 そんなたくさんある「○○活」の中でも、身体が冷えている、むくみ、便秘などの不調に悩んでいる方におすすめしたいのが、「温活」。

今日はこの温活というものにスポットライトを当ててみました。 温活とはなんのことなのか、具体的な方法はどんなものがあるのか見ていきましょう!

温活とはどんなもの?

sozai_35336

温活とは、自分で意識して身体を温めようとすること

自分の平熱を知っていますか?風邪を引いたとき以外はあまり熱を測る機会もないかもしれませんね。ぜひ、元気な時に一度、自分の熱を測ってみて下さい。

平熱は36.5度~37度あれば身体の機能が活発に働き、健康に過ごせると言われています。昔の人は大体37度ほどあったらしいのですが、現代の生活習慣によって最近は36度以下の人も少なくないそうです。

実際私も測ってみたところ、35.9度・・・。36度切ってしまいました。

体温が下がる主な原因は、運動不足による筋力低下や冷暖房の普及による体温調節の衰えが考えられます。体温が低いと、冷え性やむくみ、便秘に生理痛などの身体の不調につながってしまいます。

そこで、この平熱を上げる活動をし、身体の不調を改善しようという行動のことを「温活」と呼びます。

では具体的にどんなことをするのか見ていきましょう。

温活の方法・身体の外側編

sozai_27192

温活の方法はたくさんあります。まずは身体の外側から温める方法から。

運動

まずはなんといっても運動です。運動不足は身体を冷やす大敵となりますので、意識して運動を心がけましょう。

ただし、あまり激しい運動をすると汗をかき、逆に身体を冷やしてしまう可能性があります。 適度な運動(ウォーキングや、普段の生活で動きを取り入れてみるなど)をおすすめします。

入浴

入浴も温活には欠かせない項目です。 シャワーのみで済ませている方は、なるべく湯船に浸かると効果的です。毎日はむりでも、2日に一回や週に1回でも、効果はみえてくるはず。

おすすめ入浴法は半身浴。お腹のあたりまで湯船に浸かり、腕や肩は浸かりません。40度弱の温度で20分以上浸かると、身体の芯からポカポカしてくるはずです。上半身が寒い場合は、タオルをかけておくといいでしょう。

温活の方法・身体の内側編

身体の内側、心を解放する温活をしましょう。ストレスは低体温を引き起こします。ストレスによって、自律神経やホルモンのバランスが崩れるためです。人間関係や仕事などでストレスを抱えている方は、しっかりと発散していくことが先決。

おすすめはカラオケ。思いっきり大声で歌いましょう!こうすることでストレスが発散され身体の中から温かくなってくるはずです。また、お腹や横隔膜を動かすことで体内の血の巡りが良くなり血行改善し体温上昇が期待できます。

最後に

温活とは何か、温活の具体的な方法をご紹介しました。

最後にご紹介した、低体温の原因となるストレス。これについてはどうしようもない部分もあるかもしれません。しかし溜まってしまったままというのが一番危険。その他の病気の原因にもなりますので、いかに発散するかが重要となってきます。

軽い運動や入浴もストレス発散になりますので、温活としてぜひ取り入れてみて下さいね。

 - 冷え性・温活