からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

妊活中の方にも超おすすめしたいふんどしパンツ!その理由は?

   


こんにちは!全国的に大寒波が到来中で、一気に冷え込みましたね。

さらにこの時期はインフルエンザやノロウィルスなど体調を崩される方も多いと思います。

無理して疲れを出さないよう体調管理に気を付けたいところですね。

さて、今日は妊活とふんどしのお話。

卓球の福原愛さんが妊活のために休養されるそうですね。

ふんどしはすべての女性におすすめですが、妊活をしている女性には特におすすめです。

ふんどしとは?メリットは何?

fundoshi

まずは簡単にふんどしの説明から。

こちらの記事でも詳しくご紹介していますが、ふんどしは皆さんご存知の、昔から日本にある下着のこと。といっても今のような形状のパンツとは少し違うイメージですよね。

布一枚をくるっとまわして、履くというより「締める」といった表現が合うようなアレです。

それが現代の女性にいいと、ジワジワとブームが来ているのです。

初めて聞く方にとっては、「え??あのふんどしが?」ってかんじですよね。

現代版の女性におすすめのふんどしは、より普通のパンツに近い状態の「ふんどしパンツ」と呼ばれているものです。

そんなふんどし型パンツのメリットは、

  • ゴムによる締め付けがなく、リンパや血流の流れを止めない
  • 通気性が良く清潔で蒸れを防ぐ
  • 締めつけによるストレスから解放される・履き心地が良い

ということです。

ふんどしの最大の特徴は、ゴムを極力使用していないこと。生地自体も伸縮性がないものが多く、締め付けないので、より自然体でいられるパンツとして人気です。

妊活中の方にふんどしがおすすめな理由

血流を良くして冷えを改善する

妊活中の女性にとっての大敵は「冷え」です。特に下半身の冷えは、妊娠に必要な子宮や卵巣まわりが冷えている証拠。

従来のパンツは、ゴムが鼠蹊部(足の付け根)にあり、これが締め付けの原因となり血流を妨げます。

ふんどしは鼠蹊部にゴムがないので、この締め付けがありません。

従って血流の流れが悪くならず、下半身へうまく循環し冷えの改善につながります。

これだけのことで?と思うかもしれませんが、パンツは24時間365日毎日履いているもの。気づかないうちに常に身体が締め付けられているのです。

ストレスが解消される

妊活中の方にとって大きな問題はストレス。

妊娠はとてもとてもデリケートなもの。特に不妊治療などが長期に渡っている方にとっては本当に辛いものです。

このようにストレスがたまりやすいものですが、妊娠のもう一つの大敵はこのストレスでもあります。

ストレスが溜まると、ホルモンバランスが崩れる原因となり、妊娠しにくくなってしまうからです。

従って、妊活中にはいかにストレスを発散させるかというのも一つの課題ですが、その一つとして試していただきたいのが「ふんどしに変えること」。

ふんどしは体への締め付けが少なく、履き心地が抜群に良いのです。

体への締め付けは、無意識なストレスの原因ともなりますので、締め付けの強い下着を着用している方はぜひふんどしを試してみてもらいたいと思います。

最後に

妊活中の方にふんどしがおすすめな理由をご紹介しました。

妊活を始めると、検査や不妊治療などに集中したいですよね。

また同時に、妊娠にいいと言われているサプリやドリンクなども、最短で妊娠を目指したいときには試したいところです。

それとはまたちょっと違った視点から、パンツを見直すということもぜひ行っていただきたい方法です!

ふんどしは妊活が終わって妊娠中も産後も履くことができますので、ぜひ試してみて下さいね。

妊活におすすめなふんどしパンツはこちら

 - ふんどし, 生理・婦人科系・布ナプキン