からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

なた豆茶の効能について。蓄膿症やニキビにいいって本当?

   


通院や薬をさぼりがちは私は、蓄膿症が中々改善しません。

この前病院に行ったときなんか、先生が呆れて診察放棄。。

通院するのも面倒なんですが、耳鼻科がどうも苦手で、どうしても足が遠のいちゃっています。

なんとか通院せずに良くならないものか、薬を飲まずに治らないものかと調べてみたところ、「なた豆茶」なるものが蓄膿症にいいという情報を入手!

早速調べてみました。

なた豆茶とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なた豆茶」って聞いたことありますか?

私は初めて聞きました。世の中色んな種類のお茶があるんですねえ。

なた豆とは、マメ亜科の一年草。日本では江戸時代に伝わってきたようです。そのころから漢方薬として使用されてきた植物です。

↓こちらのなた豆茶の商品画像を見ると、スナップエンドウによく似ていますね。



 

日本国内でも栽培されているようですが、国産はあまり多くなく、南アメリカや中国からの輸入が多いとか。

このなた豆、食用では福神漬けとして使用されるようです。

このなた豆で作られるのがなた豆茶なんです。

なた豆茶の効能

昔から漢方薬として使用されていたなた豆茶は、色々な効能があります。

肝臓機能を回復させる

なた豆茶には、肝臓の機能を回復させる機能があると言われています。

それは、なた豆に多く含まれる「コンカナバリンA」という物質がポイント。とても貴重な物質です。

このコンカナバリンAが、肝臓の機能を修復することがわかってきました。

蓄膿症の改善

これが本命。先ほどのコンカナバリンAは、体内の膿を出す作用もあります。

蓄膿症は鼻の奥に膿が溜まる病気。蓄膿症の他にも歯周病や後鼻漏にも良いとされています。

ニキビの改善

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることによって起こる皮膚の炎症。 そんなニキビにもなた豆は効果を発揮します。

なた豆茶に含まれる「カナバニン」という物質には抗炎症作用があるそうです。

また、デトックス作用があるので便秘にも良く、便秘による肌荒れも防いでくれるんです。

最後に

健康に良いとされるなた豆茶についてご紹介しました。

上記の症状の他に、体の毒だし作用もあるなた豆茶。これ、冷えとり健康法に近い気がします。

関連記事:冷えとり靴下とは?その特徴や効果をご紹介

ということは、冷え性にもいいのかもしれませんね。

蓄膿症に悩んでたどり着いたなた豆茶ですが、色々効果がありそうでわくわくしてきました。

実際に試して調査してみたいと思います!

 - その他からだの不調, 健康法・ダイエット法・美容法