からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

目の疲れをスッキリとる方法!頭痛やめまいにお悩みの方へ

      2016/06/16


パソコンやスマホを長時間続けてると目がシパシパ・・・。こうなるともう画面を見続けられません。集中したくても集中できないので、仕事ははかどらないし調べものも進みません。

しかも目をあまりにも酷使しすぎて、頭痛やめまいまで現れてきます。皆さんもこんな症状に悩まされていませんか?

でもたかが目の疲れだし・・・と放置していると色んなところに弊害が出てくるみたいです。

今日は目の疲れをスッキリとる方法をご紹介します。目の疲れからくる頭痛やめまいにお悩みの方もぜひチェックしてみて下さい。

目の疲れを放っておくとどうなる?

computer_tsukare

目が疲れても寝ればすぐ治るようならあまり心配いりません。しかし寝ても目の疲れが抜けず、パソコンやスマホ、読書などをするたびに目が痛かったり見えにくいようであれば注意が必要。

慢性的な目の疲れを「眼精疲労」といいます。そのまま放置しておくと、様々な症状が表れてきます。

  • 目の痛み、かすれ、ぼやけて見えにくい
  • 目が充血する
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 疲れやすい
  • 吐き気
  • イライラしやすい

このように体全体に、さらに心にも影響を与えてしまい、眼精疲労が原因で自律神経失調症につながる危険性もあるのです。

目の疲れを感じたら、放置したり無理をせずにしっかりと治していくことが大切になってきます。

目の疲れをとる方法

ツボ押し

目の疲れにはツボ押しが有効。目が疲れたなと感じたら手軽に行えるツボ押しをしてみましょう。

file00017129916402

  1. こめかみ・・・目の外側のくぼみ部分を刺激すると、目の疲れや頭痛を軽減してくれます。両方のこめかみを指で5秒間指圧し、パッと離すという動きを繰り返してみて下さい。
  2. 承泣(しょうきゅう)・・・目の真下にあるツボです。左右の目の玉の丁度真ん中に位置し、目の下の骨のフチにあります。目の疲れやかすれ、むくみに効果的です。
  3. 臂臑(ひじゅ)・・・肩より少し腕に下がった場所にあるツボ。肩先のすぐ手前のくぼみから指4本分下がったところにあります。目にいい他、肩こりや頭痛にも効いてくれます。

蒸しタオルで温める

長時間目を使っているうちに目がしぼしょぼしてきて見えにくくなってきますよね。これは目の周りの血行が悪くなっていることが考えられます。

そんな時は作業を中断して蒸しタオルで目を温めましょう。水で濡らして絞ったタオルを電子レンジでチンすれば簡単にできます。

ぜひ仰向けになって目の上にこの蒸しタオルを乗せてしばらく休ませてあげましょう。

頭痛やめまいが出てきたら

目の疲れから頭痛やめまいが出てくる場合は、できるだけ作業を中断して目を休ませることを優先してあげて下さい。 無理して続けると頭痛やめまいは益々ひどくなります。

また、目の疲れから頭痛、めまいがある時というのは頭皮が非常に固く凝っています。 そんな時は自分でヘッドマッサージをしてあげましょう。 以下の動画がとても参考になります。 ポイントは、

  • 指全体で気持ちいいところを探し、そこを集中的にマッサージしてあげる
  • 頭のでこぼこしたくぼみがあればそこを押していく
  • 側頭部、後頭部を中心に、頭皮全体をマッサージする

ということです。 マッサージによって頭皮が温かくなって柔らかくゆるんでくると、全体の血行がよくなり痛みが和らぐようになります。

最後に

目の疲れについてご紹介しました。

パソコン作業や書類を読み書きする際は、一時間経ったら休憩して目を休めるなどの区切りをつけて行いましょう。家での過ごし方でも同じです。テレビや映画を長時間見続けることは避けましょう。

また寝る前などスマホを真っ暗な部屋の中で見ていませんか?これは目に大きな負担を与えますので、極力寝る前はスマホを避けて目を休ませてあげることが大切です。

 - その他からだの不調, 頭痛・肩こり・腰痛・首痛