からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

首の痛みが左右や後ろにある原因と対処法

   


首の痛みが左右にあったり、首の後ろが痛くて痛くて集中できないということはありませんか? 首の痛みは慢性化しやすく、またひどくなると頭痛や首が回らないなど日常生活にも支障が出てしまいます。 そうなる前にしっかり対処しておきたいですよね!

今日は、首の痛みが左右や後ろにある原因と、その対処法をチェックしていきたいと思います。

首の痛みにお悩みの方は参考にしてみて下さい。

首の痛みが左右にある原因

1402769453ssz6t

首の痛みは左右どちらか片側に痛みが強いことが多くあります。 これは長時間同じ姿勢でいることによる身体の歪みや姿勢の悪さ、運動不足等による身体の硬直によって起こりやすくなります。

姿勢が悪い状態でデスクワークや長時間の立ち仕事、偏った体勢での作業、寝るときのクセが影響しています。 少しの時間であれば負担も少なく痛みが出ることはありませんが、こういった状態を毎日の習慣にしていると、徐々に身体の片側に負担がかかり、筋肉や筋に痛みが出てしまいます。

また、運動不足によって身体の筋肉が凝り固まってしまうと、血流が悪くなりコリの原因になって痛みを伴いやすくなります。

さらに、利き手がどちらかによっても左右の痛みに違いが出てくるものです。例えば右利きの方は、ペンやマウスなどを持ったり作業するときに右ばかり動かしますから、どうしても右肩から首にかけて痛みが出やすくなってしまいます。

首の後ろが痛い原因

首の後ろが痛い原因はいくつか考えられます。

ストレス

身体的、精神的ストレスは特に頭から首にかけて負担になります。長時間同じ姿勢でいることや、不安、緊張が強い場合、血流が悪くなって筋肉が硬くなり首筋が痛くなってしまいます。首の後ろが硬い、頭痛がするという場合はストレスが考えられます。

頸椎の異常

頸椎(首の骨)がずれるなどの異常がある場合に首の後ろが痛むことがあります。 頭痛、肩こりに加え、腕や手先まで痛みが出たり、首が動かせないといった症状が起こります。

その他

その他に、首の後ろ側のリンパが腫れることがあります。首の後ろを触ってみて、しこりがある場合はこれが考えられます。 痛みがあったり2、3日で引くようであれば問題ありませんが、硬かったり腫れが引かないようであれば悪性リンパ腫の可能性があるので早めに受診するようにしましょう。

また、髄膜炎を起こしている時にも首痛は起こります。これは放置すると脳炎が起こる危険性もありますので十分注意が必要です。

首痛の対処法

首の痛みに効くストレッチをご紹介します。

【やり方】

  1. 左右の指の中指を合わせ、首の後ろに当てます。
  2. その状態で、中指を前側にぐっと押し出します。
  3. 両脇を閉めます。
  4. そして、首を軽く上下します。痛くない範囲で行いましょう。
  5. 一か所につき10回程度、首の付け根から肩と同じ高さのところまで、3か所に行うと効果的です。

以下に動画をご紹介しますので参考にして下さい。

これは長時間同じ姿勢でいることによる首の痛みに効果的です。 仕事の合間やお風呂の中などで手軽に出来るので、毎日数回行ってみて下さい。

最後に

首の痛みの原因と対処法をご紹介しました。

私もパソコンのし過ぎで首が痛く動かなくなってしまったことがあります。首が痛いと体全体が動かせないのでとてもつらかった思い出です。首痛は放置せず、日頃からきちんとケアすることが大切だなと実感しました。 パソコンや同じ姿勢での作業が多い方はぜひ参考にしてみて下さいね。

 - 頭痛・肩こり・腰痛・首痛