からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

クーラー病にご注意!今すぐできるクーラー対策は?

   


ここ最近は夏らしく暑い日が続いていますね~。 こんな時は外に出たくないです・・・。

こんな時でも外でお仕事しなければいけない方々は本当に大変だと思います。

極力部屋の中にこもって涼しいエアコンの下で過ごしたいものですよね。

でも、一日中エアコンに当たっていると今度は別の弊害が。 それがクーラー病です。

今回はこの時期、十分注意が必要なクーラー病について、対策等お伝えしたいと思います!

クーラー病にご注意を!

 

sozai_53088

クーラーに当たりすぎると気分が優れなくなってくる・・・そんな経験をしている方は少なくないはず。

調子が狂うから、エアコンは極力つけないという方もいらっしゃいますよね。

でも暑い暑い室内でクーラーなしの生活も中々過酷なもの。 熱中症になる危険性もあるので、クーラーもとても大切な役割です。

でも、クーラーに当たりすぎると、それはそれで体調不良も元に。う~ん、難しいところですよね。

クーラー病は、クーラーに長時間当たりすぎたり、クーラーの効いた室内と暑い外の出入りが多いために、体温調節などを行う自律神経のバランスが崩れて、冷えや頭痛、めまいや生理痛、生理不順、不眠や倦怠感などを引き起こすというもの。

今年も最高気温が35度以上になることもあり、猛暑が続いています。

それに伴って体調不良を訴える人も少なくありませんから、クーラー病対策をしっかり行うことが大切になってきます。

今すぐできるクーラー対策

クーラーの温度を下げ過ぎない

クーラーの温度が低いと、体が冷えるだけでなく、外との温度差が大きくなってしまい、自律神経の乱れの元になります。

理想は28度。ちょっと物足りないかな?と思っても、時間が経ってくると心地よく感じるはずです。キンキンに冷えた温度は避けましょう。

扇風機の活用

扇風機があれば、扇風機を活用するのも手。エアコンの温度は低くしすぎず、扇風機を同時に回すことによって同じ温度でも涼しく感じます。

インナーや靴下でしっかり体を守る

インナーや靴下は、夏でも素材を選べば快適に着られます。おすすめはシルク製。こちらの記事にあるように、シルク製品は、冷えにいい上に、蒸れにくく清潔に使用できます。

また、靴下は夏は履かない方もいらっしゃるかもしれませんが、エアコンに当たると、裸足だと足元が冷えやすくなります。夏用の素材の靴下もありますので、なるべく夏場でも靴下を履くようにしましょう。

最後に

今の時期に注意が必要なクーラー病の対策法をお伝えしました。

上記の対策以外にも、夏こそしっかり湯船に浸かるなどの工夫をすることで、自律神経が乱れる心配がなくなります。

クーラーと上手に付き合って、今年も快適な夏を過ごしていきましょうね!!

 - 冷え性・温活