からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

口内炎の原因は何?場所によって異なるその意味とは

   


いた~い口内炎。 皆さんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

思わず噛んでしまって、とか、歯ブラシや箸で突き刺してしまって・・とか原因がわかるものはまだいいのですが、たまに、なんにもしていないのに突然できていることもありますよね。 そうなるとちょっと不安。しかもそうなるとかなり痛いのでごはんも食べづらいし不快で仕方ありません。

そんな口内炎について今日は詳しく調べてみました。 口内炎の原因は何なのか、場所によって異なるその意味などをご紹介していきます!

口内炎の原因は何?

file0001697430690

口内炎とは、口の中や歯茎、舌などといった口の粘膜部分に起こる炎症のこと。

ちなみに口内炎の中でも、歯茎にできるものを「歯肉炎」、唇にできるものを「口唇炎」、舌にできるものを「舌炎」と、それぞれの名称で名前が付けられているんです。

口内炎の原因の多くは細菌、ウィルスによるもの。口の中の粘膜部分は、外部から空気や食べ物などが入るのでその分細菌やウィルスも多くなるところです。 そうした細菌やウィルスが繁殖し、炎症を引き起こしてしまうのです。

またこの他にもアレルギー反応によるものや、ストレス、免疫力低下によっても口内炎はできてしまいます。

もうひとつ、口の中や舌などを噛んだりけがをすると、そこに菌が繁殖しやすくなって口内炎になることも。私もこれよくやります。クセになって痛いんですよね~。

この他、特定のウィルス(ヘルペス、カンジダ菌など)が原因であることもあります。

口内炎のできる場所の意味は?

sozai_46374

口内炎のできる場所によって意味が異なってくるのでしょうか? 詳しく見てみましょう。

唇や頬の内側

唇や頬の内側に口内炎ができる人は多いと思います。 ここはよく噛みやすい場所ですよね。特に急いでごはんをかき込んでいる時なんかは、「イタッ!!」と思いっきり噛んでしまったりしがちです。これはわかりやすいですよね。噛むことで傷ができ、そこにばい菌が入り込んで炎症が起きてしまっています。

舌の場合も先ほどと同じように噛みやすい部分です。また舌の裏側や根本あたりなど、噛んだわけではないのにできている場合は、疲労やストレスによる免疫力の低下が考えられます。

歯茎

歯茎の場合は、歯磨きの際に傷が付きやすい場所ですので、そうした外傷の可能性があります。 怪我をした覚えはなく、口内炎の形状が白っぽく、真ん中がへこんでいる場合はストレス、疲労、睡眠不足等が考えられます。

水ぶくれのようなものがポチポチと複数で着ている場合は、ウィルス性口内炎の可能性が。その場合は、皮膚科又は歯科へ相談することをおすすめします。

最後に

口内炎の原因や場所別の意味についてご紹介しました。

口内炎ができると痛くて痛くて、酸っぱい果物なんかを食べると大変なことになりますよね。痛くて耐えられないとき、治りが悪いとき、ポチポチとたくさんできたときは早めに受診して対処することが大切です!

 - その他からだの不調