からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

緊張型頭痛の原因と対処法をチェックしよう!

      2016/06/16


定期的に訪れる慢性的な頭痛には代表的なものは3種類あります。

よく聞く頭痛が偏頭痛(片頭痛)。偏頭痛の原因についてはこちら→「偏頭痛(片頭痛)の原因について。ストレスとの関係は?

あとの二種類は、群発頭痛と、緊張型頭痛。特に女性に多いのが緊張型頭痛で、実際に私もこの頭痛に悩まされています。昔は偏頭痛のような症状だったのですが、近頃の症状を考えてみるとこの緊張型頭痛が良く当てはまります。

今日は、女性に多いと言われている緊張型頭痛の原因と対処法をご紹介します。この頭痛は一体何?と思ったらぜひ参考にしてみて下さい。

緊張型頭痛とは?

a0002_004055

緊張型頭痛は、慢性頭痛の7割近くを占めるほど多くの人に頻繁に現れる頭痛です。年代も幅広く、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで起こりやすい一般的な頭痛のひとつ。比較的女性に多いと言われています。

そんな緊張型頭痛の特徴は、

  • 頭全体をヘルメットなど何かで締め付けられたような鈍い痛み
  • 後頭部が固く重苦しい
  • 肩こりや首こりがひどくなる
  • 長期間に渡って続くこともある
  • 片頭痛と混在することもある

孫悟空のように頭に輪っかを付けられたみたいなぎゅーっと締め付けられる痛みがあるようです。また、同時に肩こりや首こりなどが起こりやすく、身体全体が固く縮こまった重苦しい症状に悩まされます。

緊張型頭痛の原因は?

緊張型頭痛の原因はストレスです。

特に身体的なストレス、精神的ストレス両方が重なった時、身体全体が硬直しやすく頭痛につながるようです。

  • 身体的なストレス・・・長時間同じ姿勢でいることによるストレス。デスクワークやパソコン作業が続くと、どうしても筋肉が凝り固まってしまいます。また、長時間の運転や睡眠でも同じことが言えます。
  • 精神的なストレス・・・仕事や家庭のことで不安がある、極度に緊張する、恐れがあるといった場合も、神経や頭の筋肉を緊張させ頭痛を引き起こしやすくなります。

また常にストレスがある場合、無意識に歯を噛み締めていたり、睡眠中に歯ぎしりが起こりやすくなります。このような状態が続くと、側頭筋(耳の上周辺)や首から肩にかけて異常に固くなってしまいます。こうした状態が長く続きクセになっている人も多く、これが緊張型頭痛の原因になっているとも考えられます。

対処法について

1388028373f7czg

緊張型頭痛の対処法について見ていきましょう。

1.温める

まず、痛みを感じたら身体を温めることが大切です。特に首の付け根部分や目、肩周辺を温め休ませてあげて下さい。

蒸しタオルやカイロを使って温めると効果的です。また可能であれば肩までしっかり湯船に浸かって身体の緊張をほぐしましょう。

2.マッサージを行う

凝り固まった筋肉をほぐすためにマッサージを行いましょう。以下の動画をご覧ください。

後頭部から首の付け根を気持ちいい程度にほぐしていきます。これを1分ほど行うことで、緊張がほぐれ頭痛が緩和しやすくなります。

3.運動を行う

軽い運動を行うことで、身体の筋肉がほぐれやすくなります。周辺を少し歩くだけでも効果があります。この時に肩や腕を回したり動かすことでスッキリしてくるはず。

ただしあまりにも痛みがひどい場合は運動は行わず、痛みが引くまで安静にしておきましょう。

最後に

緊張型頭痛の原因、対処法をご紹介しました。

緊張型頭痛の最大の原因であるストレス。こうした頭痛を引き起こさないためには、ストレスを緩和させることが一番です。

日頃から身体を動かす癖をつけ、ストレス発散をし身体を解放していくようにしましょう。

 - 頭痛・肩こり・腰痛・首痛