からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

若年性更年期障害を自己チェックしよう!女性ホルモンを整えるコツは?

   


更年期障害といえば、50代前後の閉経時に起こる色んな不調のことをいいますが、これが実は若い人にも起こっていると言われています。 冷え、のぼせ、生理不順、イライラ・・・・多くの症状に悩まされていませんか?

もしかしたらその症状、若年性更年期障害かもしれません。

今日は若年性更年期障害について詳しく見ていきたいと思います。

若年性更年期障害の自己チェックと、女性ホルモンを整えるコツをご紹介します。

若年期更年期障害とは?

1458910100bdoxk

更年期障害とは、ホルモンバランスが大きく乱れることによって起こる様々な不調のこと。 更年期は大体40~50歳代の時期をいい、このころになると閉経の時期となって女性ホルモンが急激に変化していきます。

このような変化が起こることで、自律神経の調節が上手く行かなくなって、冷えやのぼせ、イライラなどが目立つようになります。

この更年期障害が、最近では40~50歳代よりも若い人にみられるようになってきました。 これを「若年性更年期障害」といいます。

30代~40代前半、ひどいと20代の方も更年期障害と同じような症状に悩まされる方が増えてきていると言われています。

それは生活習慣が主な原因。過激なダイエットや睡眠不足、栄養の偏りや、仕事などによるストレスです。このような生活によって繊細な女性ホルモンはバランスを崩しやすく、若年性更年期障害を招いてしまうのです。

若年期更年期障害の自己チェック

1407598024j9vyy

若年性更年期障害の症状をリストにしてみました。当てはまるものがあるかどうか、自己チェックをしてみて下さい。

  • 冷えがひどい
  • 生理不順・生理痛がひどい
  • 顔がのぼせる
  • 頭痛、肩こり、めまいがある
  • 便秘が続く
  • 頻尿になった
  • 肌荒れがひどくなった
  • 疲れやすい
  • 最近あまり眠れない・眠りが浅い
  • 突然不安に襲われることがある
  • わけもなくイライラしやすくなった
  • 自己嫌悪に陥りやすくなった

当てはまるものが多ければ若年性更年期障害である可能性があります。放置しておくと、このような症状が悪化し治らないこともありますから、早めに婦人科を受診することをおすすめします。

女性ホルモンを整えよう

若年性更年期障害を緩和させるには女性ホルモンを整えることが大切。乱れがちな女性ホルモンを整えるポイントをいくつかご紹介します。

身体を温める

冷えは女性の身体には大敵です!身体を冷やす習慣(エアコンの当たりすぎ、肌の露出した服装、シャワーだけの入浴)は止めて、しっかり身体を温めましょう。身体を締め付ける服も、血行を悪くして冷える元になります。なるべく締め付けないゆるい服装にしましょう。出来るだけ毎日ゆっくりと湯船に浸かることも大事なポイントです。

バランスの摂れた食生活を心がける

偏った食生活は危険です。栄養バランスのいい食生活を心がけましょう。 女性ホルモンのバランスを整えてくれるのは大豆イソフラボンです。大豆や納豆、豆腐や豆乳をいつもより多めに食べることをおすすめします。

ストレスを溜めない

ストレスは女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。忙しくても休めるときにはしっかり休んで、ストレスを溜めないように注意しましょう。睡眠も重要です。睡眠不足を感じるときはなるべく早く就寝して睡眠不足を解消することが大事です。

最後に

若年性更年期障害について詳しく見ていきました。

普段何気なく感じている様々な不調が、実は若年性更年期障害だったとなるとこわくなってきますよね。若年性更年期障害は放置すると不妊症の原因にもなることがありますから、早めに対処することが大切になってきます。

 - その他からだの不調