からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

不正出血はストレスが原因?茶色の血が出るのは大丈夫?

      2016/06/16


生理でもないのに出血があると不安になりますよね。

前回、排卵出血についてお伝えしましたが、(「排卵出血の量が多いのはなぜ?期間や色での判断の仕方とは 」)排卵時期というわけでもないのに出血が続く場合は不正出血が考えられます。

この不正出血の原因はストレスとも言われています。

今日はそんな不正出血について詳しく見ていきたいと思います。茶色の血が出るのは大丈夫なのか、チェックしてみましょう!

不正出血とは?

file6331245789165

不正出血は、生理のように出血をすることなのですが、生理周期ではない時期に出血することをいいます。 これが、排卵期の出血であれば排卵出血が考えられるのですが、排卵期でも生理の時期でもないのに出血するのは理由がわからず不安になりますよね。

排卵時期かどうかを確認するには基礎体温表を付けておくとわかりやすいです。 排卵期は低温期から高温期に変わる日の周辺となります。この時期の出血の場合は排卵出血と考えていいでしょう。 それ以外の時期の出血であれば不正出血が考えられます。

不正出血の原因はストレス?

1449946968gmiyy

不正出血の原因は大きく分けて2種類。ひとつはストレスによるもの。もうひとつはなんらかの病気によるものです。

ストレスによるもの

女性の身体はとても繊細で、ちょっとしたストレスでもバランスが崩れて生理の遅れや不正出血になりやすくなります。 仕事やプライベートでの不安や怒り、睡眠不足や過度なダイエットなど心当たりがありませんか?

これはストレスによってホルモンバランスが乱れることが原因です。また、思春期や更年期にもホルモンバランスは崩れやすく、不正出血が起こることがあります。

病気によるもの

何らかの病気により出血している可能性があります。 例えば、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がん、子宮体がんなど。生理痛がひどかったり、性交時に出血があるような場合は要注意。 自己判断せず、早めに婦人科を受診し検査してもらいましょう。

茶色の血が出るのは大丈夫?

不正出血の血の色は生理のように鮮血だったりどす黒かったり、茶色やピンク色など様々です。

でも生理でもないのに急に茶色の血が出るのってなんだか不安になって「大丈夫かな・・・」って思ってしまいますよね。

出血が茶色になるのは、体の中で出血して時間が経っているためです。時間が経って酸化することで茶色く変色していると考えられます。 特に少量の血が出る場合は茶色っぽい色であることが多くなります。これは生理の一日目など最初の少量の頃にもみられる傾向。

不正出血が病気のサインである場合は放置はできませんが、茶色の血が出ること自体は異常ではないようです。

最後に

不正出血の原因や血の色について詳しくご紹介しました。

どちらにしても不正出血はあまりいいものではありません。また、子宮以外(膀胱や腸)などからの出血であることも考えられますので、一度しっかりと検査をしてもらうことをおすすめします。

 - 生理・婦人科系・布ナプキン