からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

2月14日はふんどしの日!由来は何?

   


毎年2月14日といえば、「バレンタインデー」ですよね。この時期は、本命、義理、友達同士など、チョコをプレゼントする方も多いと思います。

そんなチョコ一色のバレンタインデー、実はふんどしにとっても重要な日なんだそうです。それが「ふんどしの日」。

今日は「ふんどしの日」について調査してみました。

ふんどしの日って何?っていう方は、ぜひチェックしてみて下さい。

2月14日は「ふんどしの日」

ふんどしの日」とは、日本ふんどし協会が、「ふんどしの普及と人々のふんどしの理解と関心を高めるために定めた記念日」のことです。

日本ふんどし協会とは、日本で古くから愛用されているふんどしの普及活動として2011年に設立された団体で、「2月14日に江ノ電で愛を告白する」イベントなど面白い企画などを通して、ふんどしの普及に取り組まれています。

(社)日本ふんどし協会 - 一般社団法人 日本ふんどし協会(JAPAN FUNDOSHI ASSOCIATION)

 

 

 

この「ふんどしの日」の始まりは、2012年2月14日からなんだそうです。 私は最近まで知りませんでしたが、徐々に普及しているのは確かなようです。

なんでもこの日は、有名な芸能人の中から、ふんどしの普及に貢献のあった人物に対して「ベストフンドシスト」を選んでいる模様。 過去には壇蜜さんや矢口真里さん、とにかく明るい安村さんなどの有名な方が表彰されているんです。

ふんどしの日の由来は?

では一体なぜこの2月14日にふんどしの日は制定されたんでしょうか? それは、語呂合わせから来ているのです。

1(ひぃ)2(ふぅん)3(みぃ)、、、14(どぉしぃ)、、、と読めることから、2(ふん)月14(どし)日を『ふんどしの日』と決定しました。

2は「ふう」と読むことはわかりますが、14は「どぉしぃ」と読むんですね。知りませんでした。

そして、決してバレンタインデーに便乗したわけではないんだそうです。 でも、「2月14日は愛する人へふんどしを渡す日で、3月14日はふんどしを返す日」とされています。便乗しているような・・・?

でも面白いですよね。確実にふんどしの日は広まってきていますので、このままどんどん若い人たちにふんどしが普及していくといいですね。

最後に

なぞに包まれた「ふんどしの日」についてご紹介しました。伝統あるふんどしを、新しい形で普及していっていることがよくわかりました。

これからの2月14日は、バレンタインデーと合わせてふんどしが盛り上がる一日となるのでしょう。次のバレンタインはぜひふんどしをプレゼントしてみて下さい。

 - ふんどし