からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

ふんどしパンツの履き心地はどんな感じ?スースーしたり気にならない?

   


ふんどしと言えば開放感たっぷりなイメージだったり、きつく締めて痛かったりしそう・・・そんなイメージが湧きますよね。

女性用ふんどしパンツがいくら身体にいいといっても、履き心地が良くなければあまり履きたくないですよね。

ふんどしパンツって履き心地はどんな感じなんでしょうか? 今回はそのあたりを詳しくご紹介したいと思います。

スースーしたり、不快にならないか心配・・・という方はぜひチェックしてみて下さい。

ふんどしパンツの履き心地はどう?

1349149196qnaay

ふんどしパンツは、足の付け根(鼠蹊部)にゴムがないのが最大の特徴です。 ですから、布を股にふわっと当てただけという感覚。 とても軽く開放的なので、まるで何も履いていないような履き心地になります。

最初はこの感覚に戸惑う方も少なくありません。「あれ?今日パンツ履いてたっけ?」と思ってしまうような感覚です。 それくらい軽いのですが、この感覚がとても気持ち良く、ふんどしを履くともう元のパンツに戻れないという方も多くいます。

ちなみに、ふんどしパンツはきつく締めあげたりすることはありませんので、お尻が食い込んだり痛いということは全くありません。

スースーしたり不快にならないのか?

ふんどしパンツは足の付け根部分にゴムがないため、慣れないうちはスースーするかもしれません。特にスカートの下に履くと、風通しが良く、気になることもあります。しかし多くの方がすぐに慣れて気にならなくなるようです。

慣れないうちはズボンの下や、レギンスの下に履いておくといいでしょう。

このように、最初のうちはスースーして気になることもありますが、それは通気性がいいということ。デリケート部分は夏場などは特に、汗をかいて蒸れやすい部分です。汗で蒸れると雑菌が繁殖しやすく、肌のかぶれにもつながってしまいます。下着による肌のかぶれに悩んでいる人は意外と多いようです。

ふんどしのように通気性がいいと、そのような心配が少なく、かぶれが減ったり清潔に保てるという大きなメリットがあるんです。

また、生理の時も使用できますが、ゴムの使用がないため横漏れの危険性があります。 多い日や気になる時は使用しない方がよさそうです。

最後に

ふんどしパンツの履き心地について詳しく見ていきました。

最初は通気性の良さが気になる方もいますが、すぐに慣れるので問題なさそうです。そうはいってもいきなり一日履くのは勇気がいるかもしれませんね。そんな時は、まず夜寝るときだけ着用してみるのもアリです。

夜寝るときにふんどしパンツを履くことで、よく眠れるようになったという話も聞きます。まずは負担のないところから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

ふんどしパンツのお店はこちら!!

 - ふんどし