からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

ふんどしの洗い方と干し方。注意することはある?

      2016/10/25


ふんどしライフを始めてみたいけど、洗濯方法や干すのが手間だったりコツがいるのでは? とお考えのあなた。

ふんどしは基本的に綿や麻、シルクなどの天然素材で作られているものが多いです。生地によってはお手入れ方法が違うものもあり、ちょっと躊躇してしまいますよね。

そんな疑問や迷いを解決するため、ここでは ふんどしの洗い方と干し方をご紹介したいと思います。注意点など詳しく見ていきましょう!

ふんどしの洗い方

file1461250298916

洗濯機で洗う

基本的にどれでも洗濯機で洗濯できます。その際には洗濯用ネットに入れて洗濯すると、生地が傷みにくく長持ちしますよ。 また、洗剤は中性洗剤を使用するようにしましょう。

シルクの場合は、シルク専用の中性洗剤などもありますのでこういったものもおすすめです。

プリントのあるものは、他の洗濯物と一緒に洗うと色が移ってしまう可能性があります。特に最初のうちは単品で洗った方が無難です。

手洗いする

手洗いだと生地を傷つける心配がありません。面倒かもしれませんが、お風呂に入る時にふんどしを持って入って一緒に洗うと手間なく洗うことが出来ますよ。

また、シルク素材のものはシャンプーや石けんで洗ってもOKです。(シルクは私たちの肌や髪に近いたんぱく質で出来ているため)

特にふんどしは大きなものでもありませんし、タオルを一枚洗うような感覚でお風呂の日課にすることをおすすめします!

ふんどしの干し方

ふんどしとして使われている絹やニット素材のものは乾燥機の使用を避けて下さい。また、ゴムが入っているものも伸びてしまう危険性があるので乾燥機はおすすめできません。

ふんどしを洗ったら、しわをしっかり手で伸ばしてから陰干しをしましょう。 こうすることで乾いてからもしわが付きにくくパリッと乾きます。

また、アイロンをかけたいということもあるかもしれません。アイロンの当たったしわのないきれいなふんどしを履くと気分もパリッとしますもんね。

シルクや綿の場合は、生乾きの状態でアイロンがけしましょう。そのときに当て布を必ずして下さい。こうすることで繊維を傷めることなくしわを伸ばすことが出来ます。 生乾きの状態ですので、洗濯した直後か、霧吹きでしっかり濡らすといいでしょう。

最後に

ふんどしの洗い方や干し方についてご紹介しました。ふんどしといっても素材が様々ですので、まずは素材のチェックを忘れず行って下さい。

そしてここのポイントを抑えれば、難しいことなくお手入れすることができます。

まずは基本の洗濯と干し方、余裕があればアイロンもかけてみてください!

ふんどしパンツのお店はこちらです⇒ふんどしパンツのダイダイ

 - ふんどし