からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

疲労回復に効果的な入浴法!一日の疲れを持ち越さない工夫とは?

   


毎朝スッキリ起きられますか?前の日の疲れがたまってはいませんか? 忙しい日が続くとどうしても疲れが抜けにくく、ちゃんと寝たはずなのに朝からぐったりしてしまうこともありますよね。

また年齢とともに年々疲れが残りやすく、体力の衰えを感じずにはいられません・・・。 スッキリと効く疲労回復方法があれば試したいですよね!

疲労回復にはなんといっても入浴がおすすめです。

今日は、疲労回復に効果的な入浴法をご紹介します。 一日の疲れを次の日に持ち越さない工夫を見ていきましょう。

疲労回復には入浴が効果的

sozai_27192 日本人は昔から、お風呂の湯船に浸かる習慣がありました。誰もが湯船に浸かると「ふ~っ」っとため息が出てリラックスするのではないでしょうか?日本人であれば想像しただけで気持ちよくなっちゃいますよね。

感覚的にもリラックス気分を味わえますが、実際に入浴には疲労回復効果があります。 それは、温かいお湯に浸かることで温熱効果があるためです。

温熱効果とは、身体の表面だけでなく身体の中までじわ~っと温かくなること。こうなることで全身の血行が良くなり筋肉の緊張やコリをほぐし、体全体を緩めてリラックス効果が期待できるのです。

この温熱効果はマッサージに匹敵すると言われていますので、疲労回復に抜群の効果が期待できるというわけなんです。

またお風呂は元々、「身体と心を洗い清める」ものとして利用されてきました。 お風呂に入って湯船にゆっくりつかることで、一日の疲れだけでなく嫌な気持ちやストレスも同時に洗い流し、疲労回復して身体が軽くスッキリするはずです。

疲れを取るのに役立つ入浴法

file0001316168849

疲労回復には半身浴もおすすめですが、ここでは「反復浴」をご紹介します。

【やり方】

  1. 40度程度のお湯を入れます。
  2. 湯船に5分間浸かります。肩までしっかり入りましょう。
  3. 湯船から出て5分間休憩します。この間に身体や髪を洗うと効率的!
  4. 今度はお湯に3分間浸かります。
  5. 湯船から出て5分間休憩。 (ここでも身体や髪を洗うといいです)
  6. これを全部で3回繰り返します。

5分(湯船)→5分(休憩)→3分(湯船)→5分(休憩)→3分(湯船)です。最後は足元を冷たいシャワーで締めるとさらに効果的です。

体調が優れない時は回数を減らすか半身浴にしましょう。また、水分補給はしっかり行って下さい。

この入浴法によって、全身の血行が良くなり疲労物質を外に排出しやすくなります。また、冷え性やむくみの改善にも役立ち、さらにダイエットにも効果的なんだそうです。

これだと半身浴のようにダラダラ続かないので、続けやすいという声も。 簡単なのでぜひトライしてみて下さいね。

最後に

疲労回復に効果的な入浴法についてご紹介しました。

忙しくてシャワーだけで済ませる方も多いと思いますが、毎日は難しくても2日に一回はお風呂に浸かるようにすると疲れの取れ方が全然違ってきますよ!この疲れをなんとかしたいという方はぜひ試してみて下さい。

 - その他からだの不調, 健康法・ダイエット法・美容法