からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

皮膚のかぶれにもいいふんどし。その理由は?

   


特に梅雨時~夏場の暑くなる時期にかけて、肌がかぶれて困るということがありませんか?

こうなると我慢できなくて掻き毟ってしまったり、ヒリヒリ痛くてストレスになりますよね。

ふんどしやふんどしパンツは、このような皮膚のかぶれにも効果的です。 皮膚のかぶれにもいいと言われている理由など詳しく見ていきましょう。

下着による皮膚のかぶれの原因

file0001114835445

なんらかの物質が肌に触れることで起こるかぶれを、接触皮膚炎(せっしょくひふえん)といいます。

この物質というのは様々で、植物や食べ物、金属、化粧品など多岐に渡るのですが、衣類の素材も原因であることがあります。 特に下着は直接肌に触れるものであり、そうした下着に使われる素材が、石油などを原材料にしたポリエステルやアクリルなどの化学繊維だと、かぶれを起こしやすくなります。

また、下着による締め付けが強いと、締め付けられている肌が蒸れやすく、特に汗をかきやすい夏場などは汗によってかぶれることも多くあります。 もしも、下着の部分だけが異常にかぶれるようであれば、使っている下着に原因があると考えられます。

皮膚のかぶれにふんどしがいい理由

ふんどしの一番の特徴は、締め付けが少ないこと。 伸縮性はありませんが、そけい部(足の付け根)部分にゴムがないので通気性がよく、汗をかいても蒸れにくいのが特徴です。

さらにふんどしや、女性に人気のふんどしパンツの多くは、健康のために作られているものが多く、素材にも気を使っているんです。 多くが綿、シルク、麻などの天然素材を使った生地で作られているので、化学繊維のような不快な感触もなくストレスフリーに履けるものがほとんど。

合成繊維のものでも、直接肌に触れる内側やクロッチ部分だけでもガーゼなどの肌に優しいものを中心に作られています。

こうしたことから、ふんどしは皮膚のかぶれから解放してくれます。もし今使っている下着が合わなかったり、かぶれに困っているようであれば、ふんどしを一度試してみることをおすすめします。

もちろん、一度かぶれてしまった肌はふんどしに変えただけでは治りませんので、皮膚科を受診して治すようにしましょう。

最後に

皮膚のかぶれにふんどしがいい理由を詳しくご紹介しました。

ふんどしはちょっと・・・と思う方もいると思いますが、ふんどし型のパンツ、ふんどしパンツであれば手間もなく普通のパンツと同様に履けるのでおすすめです。 ダイダイではオシャレなふんどしパンツを多数ご紹介していますので、ぜひのぞいてみて下さいね!→ふんどしパンツのお店ダイダイ

 - ふんどし