からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

皮膚のかぶれの原因と治し方とは?

   


肌がかぶれて困った経験がありませんか? 赤く腫れたりブツブツができて痛痒く、一度かぶれると不快ですよね。

また、かゆみが収まらないと、ついつい掻き毟ってしまって余計にかゆくなり悪化するという悪循環も招いてしまいます。

皮膚のかぶれの原因と治し方を見ていきましょう。

皮膚のかぶれの原因

pet_kayui

かぶれとは、何かが直接肌に触れたことで起こる皮膚の炎症のこと。専門用語で「接触皮膚炎」と呼びます。

大きく二つに分けられ、刺激の強いものに触れることで起こる「一次刺激性接触皮膚炎」とアレルギー反応によって起こる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。

一次刺激性接触皮膚炎

刺激物が皮膚に触れることによって起こる炎症のこと。これについては、毒性や刺激に反応し、誰でも起こり得る炎症です。

身近なものですと、食器用洗剤が肌に合わずにかぶれてしまったということがありませんか?この他にも化粧水やファンデーションなどの化粧品やパーマ液、整髪剤などでかぶれるといった経験があるかもしれません。こういったものが「一次刺激性接触皮膚炎」です。

おむつやナプキン等、衣類でかぶれるのもここに分類されます。

この他、植物(うるしやギンナンなど)、毛虫、ガソリン、ネックレスなど身の回りにはたくさんの刺激物が。こうしたものに触れることで触れた部分が炎症を起こします。

アレルギー性接触皮膚炎

アレルギーのあるものを触ったときに発症する炎症。これは人によって反応が変わってきます。原因物質に何度か触れることによって発症しやすくなります。

これは「アトピー性皮膚炎」と間違えやすいのですが、アトピーとは違い原因の物質を避けることで治療が比較的簡単にできます。

皮膚のかぶれの治し方

皮膚のかぶれが起きたら早いうちに対処する事が大切になります。 ステロイド外用薬をかぶれた箇所に使用し、炎症を抑えるようにすることがおすすめです。

炎症がおさまらない、ひどくなったというような場合は皮膚科へかかるようにして下さい。

また、かゆいからといって掻き毟ると、かいたところに雑菌が繁殖し、益々かゆみが増したり症状の悪化につながります。かゆいのを我慢するのは中々辛いですが、ワセリンなどでしっかりと保湿をすることでかゆみが和らぎますので、工夫しながらかくことを控えるようにしましょう。

最後に

皮膚のかぶれの原因と対処法をご紹介しました。

皮膚のかぶれの対処法として、まずはかぶれの原因となっているものを突き止めるのが最優先です。何が原因なのかわかったそれをすぐに皮膚から遠ざけ(化粧品等の場合はすぐに洗い流し)、接触を避けるようにしましょう。

直接肌に身に着ける衣類(インナー)もかぶれの原因になりやすいものです。衣類によるかぶれから身を守るにはこちらの記事を参考にして下さい。

 - その他からだの不調