からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

偏頭痛(片頭痛)の原因について。ストレスとの関係は?

      2016/06/16


偏頭痛(片頭痛)が一度やってくると、痛みで何もできなくなるし、何もしたくなくなってしまいます。

薬を飲むタイミングを間違えたりすると効かなくなり、丸一日、ひどい時は二日三日と続くことも。あのしつこい嫌な痛みはもうこりごりですよね。

偏頭痛は特に若い女性に多いみたいです。

この痛みから解放されるには、まず偏頭痛(片頭痛)がどんなものかを知ることが大切。

偏頭痛(片頭痛)の概要や原因について詳しくチェックしていきましょう。

偏頭痛(片頭痛)とはどんなもの?

sozai_43739

まず、偏頭痛と片頭痛と2つ書いていますが、この違いは特にありません。2つ言い方があるというだけで症状は同じものです。 読み方も同じですしね。

片頭痛とは、慢性的に起こる頭痛の一種で、最大の特徴は漢字のとおり、頭の片側に痛みが生じるものです。 そんな片頭痛の特徴を挙げてみました。

  • 頭全体ではなく、片側に起こりやすい
  • 吐き気を伴うことがある
  • 光や音が気になり、それによってひどくなることも
  • 10~40代の若い女性に特に多い
  • 頭痛の前触れがあることがある(目の前がチカチカする、あくびが出る、言葉が出にくくなるなど)

このような特徴が片頭痛にはあります。心当たりのある項目が多ければ多いほど、片頭痛の可能性があります。頭痛の前後やどんなものに反応するかなどじっくり観察してみて下さい。

偏頭痛(片頭痛)の原因

偏頭痛(片頭痛)の原因は、頭の中の血管が広がって周りの神経を刺激してしまうためと言われています。

特に「三叉神経」という神経が刺激されることで、痛みの原因となる「神経ペプチド」が放出、炎症が起こってしまいます。それによって痛みや吐き気が症状として表れてしまうのです。

このように頭の中の血管が広がることで痛みが出るのですが、血管が広がる理由は様々です。それは、どんなときに頭痛が起こりやすいかを自分で見つけるきっかけにもなります。

ストレスや生活習慣が原因となることも

血管が広がってしまう原因に、ストレスが関係していることがあります。 過度のストレスを受けると脳内に「セロトニン」という物質が放出されます。そうすると、脳にある血管が収縮されるのですが、その後反動により今度は急激に広がってしまいます。こうなると上記のように神経が刺激され、頭痛を引き起こしてしまうのです。

仕事を終えた夜や休みの日に頭痛が起こるのは、ストレスにより緊張していた血管が、リラックスすることで拡張してしまうためです。

この他にも、

  • 睡眠のとりすぎ
  • 急激な運動
  • 長時間の入浴やサウナ
  • 部屋の冷暖房による温度変化
  • ホルモンバランスの変化

などの生活習慣や体質によって血管が急激に広がり、ズキズキとした片頭痛が起こってしまうのです。

最後に

偏頭痛(片頭痛)のメカニズム、ストレスとの関係についてご紹介しました。

ストレスとも深く関係している偏頭痛。自分ではどうしようもできないところもあるかもしれませんが、睡眠や運動の仕方などを少し気を付けるだけでも負担は少なくなるはずです。

まずはできるところから生活習慣を変えてみることで、頭痛の嫌な痛みから解放されるはずです。

 - 頭痛・肩こり・腰痛・首痛