からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

ヘンプシルクのふんどしは極上の履き心地♪

   


8月に入り、猛暑日が続いていますね。。冷たいアイスやかき氷が救世主の今日この頃です。

あまり身体を冷やすのも良くないと思いつつも、やはりこんな時に食べると一気に身体が冷えてシャキッとしますね!

さて、今日はヘンプシルクという生地のふんどしについてご紹介したいと思います。

ヘンプシルクの生地は気持ち良くて、ふんどしにぴったりなんです。

あまり聞きなれないという方もいらっしゃると思いますので、どんなものなのか詳しく見ていきましょう。

ヘンプシルクとは?

file0001595797417

ヘンプシルクとは、読んでそのまま、ヘンプ生地とシルク生地が合わさった生地になります。

ヘンプが片面、もう一面がシルクという生地です。ヘンプとは麻のこと。

ヘンプだけの生地、シルクだけの生地というのはよく見かけるんですが、このような生地は中々見られず、とても貴重な生地です。

ヘンプ(麻)

ヘンプ(麻)製の生地は、通気性が良いので、湿気がこもりにくく肌を清潔に保ってくれます。

さらに、日本では古くからヘンプは聖なるものとして扱われていました。浄化作用があるとして、ストレスや電磁波などの影響から体を守ってくれる素材として、心と体の健康を意識する人から広く愛用されています。

シルク

シルク製の生地は、なんといっても肌触りが最高です。ツルツルの光沢が肌に良く馴染んで気持ちいいですよね。

さらに人の身体との相性抜群。蒸れにくく清潔感があり、ほどよい保湿性もあって冷えにくいという利点も。

冷えとり健康法では、肌に直接当たる素材はシルク製品が良いと言われています。

⇒冷えとり健康法については、こちらの記事をご覧ください。

 

このように、ヘンプ製品、シルク製品はどちらもそれぞれいいところがいっぱい。

そんなふたつがタッグを組んでいるのがヘンプシルクになります。 これはもう最強ですね!!

ヘンプシルクのふんどしを履いてみて

ヘンプシルクのふんどしは、やはり履き心地が極上です。

片面ずつに素材が違うのですが、シルク面を内側にして、肌に当たるように履きます。

色が同じなので、これがたまに間違えることが(笑)。でも触ってみるとすぐにわかるので、ツルツルな方を内側にするようにすれば問題ありません。

また、履き心地以外にも、シルク製品は洗濯が難しいイメージありますよね。

繊細な生地なので傷みやすいところがあるのですが、麻と合わさることで生地が丈夫になり、洗濯も普通にできます。

しわがつきやすいので、干すときはしっかりと伸ばして干すようにしましょう。

私はしわも気にならないのでそのまま干して使ってます(^^;ズボラ・・・。

履き心地も使い勝手もいいので、結構重宝してます♪

最後に

ヘンプシルクについてご紹介しました。

ヘンプシルク製のふんどしパンツは当店でお買い求めできますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

ふんどしパンツのお店ダイダイHP

 - ふんどし