からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

半身浴の効果的なやり方をご紹介!汗をたくさんかくコツとは?

   


冷えとり生活に欠かせない入浴法、半身浴。 下半身を中心にお湯にしっかり浸かることで、下半身の冷えをしっかり取っていきましょう。

半身浴の基本は、お腹くらいまで張った38度~40度のお湯に20~30分間浸かるというもの。 ですが、このようにやっても足先の冷えが良くならない・汗が全然でなくて代謝が良くならないということ、ありませんか?

そんなときのために、半身浴の効果的なやり方を見ていきたいと思います。 汗をたくさんかくコツについても一緒に見ていきましょう。

半身浴の効果的なやり方

sozai_27192 半身浴は健康法の基本と言われています。 冷えとりを行っている人の中には、何か体調が優れないことがあると半身浴を長時間行って毒を出して健康回復している人も結構います。 それも一夜お風呂場で過ごすほどの長時間!翌朝にはスッキリ良くなっているんだそう。

さすがにここまではできないという方も、出来る範囲で長時間入ってみるのはいかがでしょうか?

最低20分~。あとは時間の許す限り入ってみましょう。 1時間も入れば、ポカポカと体の芯から温まり冷えにくくなるはずです。このとき、お湯が冷めないように注意しましょう。

また、お風呂から上がったら一番に靴下から履くようにしてみて下さい。 下から順番に衣類をまとっていくことを意識してみましょう。 下半身が一番冷えやすい部分です。また頭寒足熱が基本です。半身浴で下半身をしっかり温め、冷やす間が無いようにすることが大切になってきます。

汗をたくさんかくポイントは?

半身浴を行っても汗をかかないというのはあまりいいことではありません。汗をかかないのは代謝が悪い証拠。代謝が悪いと、血行不良や冷え性、むくみの原因にもなりますから、しっかりと汗をかけるようにしたいですよね。

半身浴を毎日行うことで、最初は汗が出なくても段々と代謝が良くなり汗が出るようになってくるはずです。

それでも中々汗が出ないという場合は、

  • 入浴前、入浴中、入浴後にしっかりと水分補給する
  • 入浴前の水に少量の塩を入れて飲む
  • お風呂の中でマッサージを行いながら体を動かす

という方法をおすすめします。特に一番初めの水分補給は必須です!汗が出るようになると今度は水分をしっかり補給しないと、血の流れが滞ってしまいます。しっかり水分を補給して体内の巡りを良くしましょう。

最後に

半身浴の効果的な方法や汗をかくポイントをご紹介しました。

私も中々汗をかかないタイプで悩みましたが、今では半身浴を日課にしているおかげか、前よりは汗が流せるようになりました。汗が出るとスッキリしてよく眠れる気がします。最初は汗が出なくても、出来るだけ毎日入るようにしてみて下さいね。

 - 健康法・ダイエット法・美容法