からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

ダイエット効果も?ドローインのやり方と呼吸のコツ

   


先日読んだ本の中にさらっと紹介されていたものがありました。その記事はこちら

その本に書かれている気になった言葉が「ドローイン」。

このドローインとは、簡単に言うと、お腹をへこませることでお腹のインナーマッスルを鍛えてダイエットや体調改善に役立つというもの。

これはすぐにできるぞ、と思い実践してみたところ、結構良さそうなので詳しくご紹介してみようと思います!

ダイエットにも効果的なドローインとは?

file0001114835445

調べてみたところ、このドローインというのは何年か前に流行ったんですね。

ロングブレスダイエットの頃なんでしょうか?私は全く知りませんでした(^^;

冒頭でもお伝えしたように、ドローインとは、お腹をへこませる健康法のこと。

呼吸と合わせて、お腹をへこませた状態をキープすることで、インナーマッスルが鍛えられ、ぽっこりお腹の引き締めや代謝の改善、姿勢が良くなるなど様々な効果があると言われています。

また、本の中で紹介されていた内容では、インナーマッスルを鍛えることにより、内臓の位置が正しくなり、胃腸の働きを正常に戻す効果があるとも言われていました。

特に下腹がぽっこり出ている場合は、脂肪が原因だけではなく、胃腸が垂れ下がっている場合もあるんだそう。

このように胃腸が下へ下がってしまうと、あまりいいことがありません。

腸が動きにくくなり、便秘の原因になったり、胃の消化活動が正常に行われずに食べ物がいつまでも残ってしまったり、内臓の血流が悪くなるのです。

さらに女性の場合は、胃腸の下にある子宮に負担がかかります。

子宮が圧迫されると、子宮が正常に働かなくなるというリスクもあるのです。

そうした症状を治す方法のひとつとして紹介されていたのがドローイン。

ダイエットだけでなく、内臓の位置を正して体調の改善にも役立つと言われているので、ぜひとも取り入れたいもの。

しかもやってみるととても簡単にできるんです。

ドローインのやり方と呼吸のコツ

ドローイングのやり方をご紹介します。

  1. 背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます
  2. まずは、息を吸ってお腹をいっぱいに膨らませます
  3. 次に、息を吐きながらお腹をへこませます。この時にお腹と背中がぎゅっとくっつくくらい思いっきりへこませます
  4. へこませた状態のままで30秒間キープします。この時呼吸は自然に行いましょう。

以上です。とっても簡単!今すぐその場でできます。

電車の中や家事をしながら、仕事の合間などにも誰にもばれることなくドローインをすることができます。

でも、やってみるとこれが意外とキツイキツイ。 一日数回、何回でもやってもいいんですけど、これを何回かやっていくと、筋肉痛のような痛みがすぐに表れてきました。 効いてる気がします。

また、このドローインをやっている間の呼吸が難しいところです。

ポイントは、お腹をへこませながら呼吸をする時は胸式呼吸をすると楽にできます。

ついつい息を止めてしまいがちなのですが、30秒間もキープするので苦しくならないよう、呼吸を意識して行ってみて下さい。

最後に

ダイエットにも良いとされるドローインについてご紹介しました。

やってみて気づいたのが、普段全然お腹に力入れてないな~ってこと。 油断するとぽっこりお腹が目立ちます。

私って相当お腹の筋力がないんだなと気づきました・・・。

さらに、何日か続けると、何かする時、立ち仕事などの時にお腹にぐっと力が入るので、立ちやすくなりました。 このまま続けてみたい健康法です♪

気になる方はぜひ試してみて下さい!

 - 健康法・ダイエット法・美容法