からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

足首が冷えて痛い原因と対処法!足の不快感を取り除くポイントとは?

      2016/04/22


足の指先が冷えて辛い方は多いと思いますが、足首が冷たいという悩みのある方も結構いらっしゃると思います。

私もどちらかというと足先よりも足首の冷えが気になるタイプ。足首を触ると冷たいし、痛くて気になるんですよね。

今日は、足首が冷えて痛い原因と対処法をご紹介します。 冷えによる足の不快感を取り除くポイントを詳しく見ていきましょう!

足首の冷えの原因は何?

file4951262472044

足首の冷えの原因はいくつか考えられます。

下半身の血流不足

長時間同じ姿勢でいたり、普段動く機会がない場合は、下半身の血流不足が考えられます。これは多くの方がなりやすい症状。足先は心臓から一番遠い場所にありますから、どうしても端の方まで血が行き渡りにくいものです。そうした中で運動不足などで身体を動かす機会がないと、さらにこうした状況は悪化。結果足首や足の指先に血が行き渡らず冷えてしますのです。

身体を締め付けている

普段何気なく身に着けている衣類や小物、靴などによって冷えがくることも。 締め付けの強いベルトやパンツ、下着は、血の流れを滞らせてしまう危険性があります。普段そんなに気にならない程度の締め付けでも、毎日身に着けることでジワジワと身体を締め付け、血行不良の原因に。ハイヒールやパンプスなど、きついサイズの靴も血行不良を引き起こします。

足首を露出している

足首が出ている服装はどうしても足首を冷やします。足首は、靴下やズボンの隙間となって露出しやすい部分。足の冷えを守るために普段靴下をしっかり履いている場合でも、意外と足首が出てしまっていることがあります。なので足先は温かいけど、足首が冷えてしまうという現象が起こってしまうのです。

足首が冷えて痛いときの対処法

body_foot_side

足湯を行う

足首の冷えには足湯が効果抜群です!

足湯の方法は、熱めのお湯(40度~42度)を大きめのバケツに入れ、そこに両足を入れて座ります。 時間は10分~。長くやっても問題ありません。

お湯が冷めてきたら熱湯を注ぐと温度を持続できます。 出たり入ったりするのは手間なので、事前にお湯をわかしたポット等をそばに置いておくようにしましょう。

最初のうちは足首から先が真っ赤になることがあります。これは足がそれだけ冷えていた証拠。続けると赤みがなくなりますから、冷え性対策として普段から習慣にしておくのもおすすめです。

足首を回す

足首が冷えている時は、足首が固くなっています。 足首回しを行って足首の周辺の筋肉や筋をほぐし、血行を良くしましょう。

足首をほぐすことで、膝や腰周りの調子も良くなります。足のむくみも取れやすくなるので、ぜひ行ってみて下さい。

以下の動画でわかりやすく紹介されています。

手軽にできるので、お風呂上がりや仕事の休憩時間に試してみて下さいね。

締め付けの少ない衣類、靴を身に着ける

上記で挙げたように、体や足を締め付けるものは、身体、特に下半身の冷えの原因になります。締め付けの強いショーツなどの下着、ストッキング、靴下や靴は血行を悪くしますから、なるべく締め付けない衣類や靴を身に着けるようにしてみましょう。

特に多くのショーツは、鼠経部(足の付け根)を締め付けて、血の巡りを阻害してしまいます。ふんどしパンツなら、鼠経部部分にゴムがないので締め付けの心配がありません。

足~足首の冷えにお悩みの方にはとってもおすすめです。→ふんどしパンツのお店はこちら!

最後に

足首が冷えて痛い原因や対処法を見ていきました。 足首を触ってみて、ひやっと冷たいという方は冷えていますので、足湯や足首回し、締め付けない衣類などで改善していきましょう!

 - 冷え性・温活