からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

汗をかくとかゆい!アトピー肌の汗によるかゆみの原因と対処法は?

   


今年も汗をかく季節が到来しましたね。

アトピー肌の人にとって、汗をかくとかゆみが一層増すので、非常に辛いものがあります。

そんな方へ、今日はアトピー肌の汗によるかゆみの原因、対処法を見ていきたいと思います。

汗をかくとかゆい!アトピー肌のかゆみの原因とは?

kayui

アトピーの症状がない人にとっては、汗をかいてもかゆいということはあまりないと思います。が、アトピー肌の人は汗をかくと異常にかゆくなってしまいます。

これは、汗に含まれるナトリウムやカリウム、乳酸塩や尿素などがかゆみの元となる成分を反応させていると言われています。

アトピー体質の人は皮膚のバリア機能を持つ角質の働きが弱く、こうした汗などの刺激を受けやすく、また水分を保てずに乾燥が進みかゆみや発疹などが出やすくなってしまうのです。

汗をかきやすい季節はアトピーの方にとっては本当に辛い時期ですね。

汗をかくなと言われても、自分で汗の量を完全に調節できるわけではないので、暑ければどうしても汗が出てしまいます。

だからといって、なるべく動かないようにして汗をかかないようにするなどしても、それはそれで問題があります。

汗によるかゆみの対処法

汗の役割は体の体温調節を行うことです。暑いのに汗をかかずにいればその分身体に熱がこもって、かゆみを悪化させる恐れがあります。

また、普段汗をかかないでいると、汗をかいたときにドロドロの汗が出ます。これは汗と一緒にナトリウムやカリウムなどのミネラルがより多く出てしまっている証拠。こうしたドロドロの汗は雑菌繁殖もしやすいのでアトピー肌にとってあまりよくありません。

したがって、アトピー体質の人ほど、汗は普段からしっかりかいておくことが大切です。

汗をしっかりかくようにしていれば、ドロドロの汗ではなくサラサラの肌への刺激の少ない汗が出やすくなり、かゆみの心配も少なくなります。

そして汗をかいたら、

  • なるべく早く汗を拭き取る(擦らず優しく拭き取る)
  • 保湿をコマメに行う

ということを忘れないでください。

汗をかかないようにするのではなく、逆にしっかりと運動や入浴等で汗をかくようにして、汗をかいたらすぐに対処するように心がけることで、かゆみから解放されるはずです。

最後に

アトピー肌の汗によるかゆみの原因と対処法をご紹介しました。

夏は汗だけでなく、紫外線による肌への刺激も強くなる季節です。肌の弱い方は要注意。上記の対応と日焼けには十分注意して、楽しく夏を満喫しましょうね♪

 - その他からだの不調