からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

汗が出ないのは病気?汗をかかない原因とその対策とは

   


運動をしても汗が出ない。暑くて暑くて仕方ないけど汗が出ない。

このように身体が暑いのに汗が出ないとスッキリしなくて不快ですよね。 さらにそんな状況が続くと、頭がぼーっとしてクラクラしてしまうことも。

汗は私たちにとってとても大切な作用なのに、どうして出てくれないのでしょうか。

もしかして、汗が出ないのは病気のせい!?なんて考えてしまいますよね。 そこで今日は、汗をかかない原因とその対策を詳しく見ていこうと思います。

中々汗がかけないという方はぜひご覧になってみて下さい。

汗が出ないのは病気なの?

144075447907n2w

汗は、皮膚にあるエクリン腺というところから作られ、皮膚から水分が出るようになっています。 汗の成分の99%以上は水。

そんな汗の役割は、私たちの身体の体温調節です。外の気温が暑かったり、運動をして身体の温度が高くなると、体温を下げようとして体内の熱を汗によって放出する役割があるのです。

ところが、なんらかの理由で汗が出にくくなる病気があります。

無汗症

どれだけ暑くても、どれだけ運動しても全く汗が出ない病気です。 無汗症には、生まれつきの先天性と後天性があります。また、体全身に汗が出ないタイプと、一部分だけ汗が出ないタイプにも分けられます。中枢神経や脊髄神経、末梢神経、エクリン汗腺自体のどこかに異常があるために汗が出ないとされています。

糖尿病

自律神経の障害により、汗が上手くかけなくなります。

甲状腺機能の低下

体温調節が上手くできなくなって汗をかかなくなります。

この他、更年期障害や高血圧、肝臓病などの病気によって汗が出なくなるケースもあります。

汗が出ない原因

file00012660874

上記では、汗をかかない病気について見ていきましたが、病気ではなくても汗が出にくくなることがあります。

生活習慣によるもの

冷暖房の効いた部屋に長時間いると、体温調節機能が上手く働かなくなり、汗が出にくくなってしまいます。 また、運動不足だと代謝が減ってしまい発汗作用が働きにくくなります。

この他、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎたり水分不足等でも汗が正常に出なくなってしまいます。

年齢によるもの

年齢が上がるにつれて汗が出にくくなってしまうことがあります。これは、汗を出す汗腺機能が弱くなっているためだと考えられます。

このように汗が出ない原因は身近にあり、ちょっとしたことでも汗が出にくいということになります。 汗が出にくくなると、熱が体内にこもり、熱中症になったり身体がほてって疲れやすくなります。 さらに冷えやむくみの原因肥満の原因にもなりますので、放置せずに改善していくことが大切です。

汗が出ないときの対策

身体を冷やさないようにする

冷えは身体にとって大敵です。身体の芯からしっかり温めて汗を出すようにしましょう。

冷たいものは控え、クーラーの効いた部屋は極力控えましょう。オフィスなどでどうしても難しい場合は、靴下やカーディガン、ひざ掛けなどを常備し、身体を冷やさないよう注意して下さい。

運動を心がける

運動を定期的に行い、筋肉量を増やしましょう。 部屋でも簡単にできる有酸素運動をご紹介します。これなら、雨の日でも室内で簡単に汗をかくことができますので、ぜひ試してみてください。

半身浴

入浴はとても大事です。 38度~40度のお湯に20分以上浸かるようにすることで、身体の芯から温まり、血の巡りがよくなって代謝が上がります。 これを習慣にすることで徐々に汗をかきやすくなってくるはずです。

最後に

汗が出ない原因や対策、病気についてお伝えしました。

汗をかきすぎるのも不快ですが、汗が出ないというのもとっても不快ですよね。汗がきちんと出るとスッキリ感が全然違ってくるので、汗の出やすいように生活習慣を工夫してみて下さい。

 - その他からだの不調