からだにいい話

冷え性、頭痛、肌荒れ、イライラ・・・様々な不調を改善するためのお役立ち情報発信中

甘酒の効果が凄い!睡眠や冷え性にいい理由とは?

   


日本で昔から飲まれているほっこり飲み物、甘酒。

そんな甘酒が、私たちの身体に様々な効果をもたらしてくれると最近人気になってきています。

健康面でも美容面でも、それにダイエットにもいいと言われている、まさにパーフェクト飲料!

今日はそんな甘酒の秘密に迫ってみます。

甘酒の効果について見ていきましょう。睡眠や冷え性にもいいといわれている理由は何なんでしょうか?

甘酒とは?

sozai_25006 小さい子供さんから年配の方まで多くの方に飲まれ続けている甘酒は、そもそもどんな飲み物なのでしょうか?

甘酒が日本で飲み始められたのはなんと古墳時代からなんだそうです。 相当昔から飲み続けられている、日本のソウルフードみたいなものですね。

そんな甘酒には、米に米麹を混ぜて発酵させたもと、酒粕に砂糖を入れたものの2種類あります。 米に米麹を混ぜたものの方が甘くて飲みやすいのですが、酒粕から作られたものは若干アルコールの臭いが気になる場合があります。

どちらにしてもアルコール分はごくわずかなので、子供でも飲めるようになっています。

甘酒は元々栄養ドリンクとして飲まれるほど栄養たっぷりで、昔から夏場には消耗した体力の回復に役立つとして冷やして飲まれることも多かったみたいです。

甘酒の効果

file8221346229050

そんな栄養満点の甘酒は私たちの身体にとても効果的なんです。

健康にいい

甘酒には、私たちの体にとってとても大切な栄養分である、ブドウ糖、ビタミンB、必須アミノ酸などが含まれています。これは「飲む点滴」と言われるほどの内容量。日々の飲み物としてはもちろんのこと、風邪を引いたときや体力の消耗を感じた時、ひどく疲れた時にもおすすめのドリンクです。

美容にいい

美容に欠かせないビタミンB群、必須アミノ酸が甘酒には含まれています。甘酒を飲むことによってこれらの栄養素が取り込まれ、肌の保湿や美肌、美髪を保ってくれ、新陳代謝が活発になり肌の細胞を活性化させて若々しい素肌を保ってくれます。

ダイエットになる

甘酒は甘いのでダイエットには逆効果な気もしますが、実はダイエット中に飲む飲み物としてもおすすめです。 特に食事の前に甘酒を飲むことで、甘酒に含まれるブドウ糖が血糖値を下げて、お腹がいっぱいになりやすくなり食べすぎを防ぐことが出来ます。しかもごはんと同じ分量でカロリーは約半分。おやつの代わりに飲むなど、工夫して飲むことでダイエットをサポートしてくれます。

また、甘酒にはオリゴ糖が含まれているので腸内環境を整えて便秘解消に役立ってくれます。

睡眠や冷え性にもいいの?

甘酒は睡眠の質や冷え性の改善にも役立ってくれます。

まず睡眠ですが、これは酒粕から作られた甘酒が効果的です。 酒粕から作られた甘酒に入っている清酒酵母が、アデノシンという睡眠物質を増やしてくれるのです。 この物質は深い睡眠を促してもくれるので、夜寝る前に飲むことで深い質の良い睡眠をとることができるようになるのです。

続いては冷え性について。 これは甘酒に多く含まれるブドウ糖が関係しています。ブドウ糖は身体のエネルギー源となると同時に、体温を保ってくれる働きがあります。 さらに末梢血管を広げてくれるアミノ酸も含まれているので、甘酒を飲むことで身体の冷えを防ぎ、血行改善に役立つと言われています。

最後に

甘酒の驚きの効果についてお伝えしました。 温かい甘酒を飲むとす~っと身体の中に溶け込んで、体もポカポカしてきますよね。この感覚はこれだけの効果が期待できる証拠でもあるような気がします。

といっても薬ではないのですぐに効果があるわけではありません。毎日続けて飲むことで少しずつ身体に変化があるのでしょう。

 - 健康法・ダイエット法・美容法, 冷え性・温活